旅と音楽とレザークラフト

趣味の音楽や旅、レザークラフト、キャンプについて綴ります。

旅と音楽とレザークラフト イメージ画像

レザークラフト

 レザークラフトを行う上で必要になるのは革の購入ですよね。ネットでも購入することは可能ですが、 やはり実物を見てから購入したいものです。私がよく革を調達する場所は浅草橋と日暮里なのですが、今回はよく訪れる日暮里の革屋さんを紹介したいと思います。 日暮里の東
『【レザークラフト】革を買うならこのお店 -日暮里編-』の画像

 次はバッグを作ると意気込んでいたのですが、買った革が小さすぎたので、かねてから作成しようと考えていたウォークマン&イヤホン入れを作成しました。今回のテーマは箱型で作成し、以前カードケース作成で学んだカシメとボタンフックを使用してみることです。材料・ヌメ
『【レザークラフト】箱型の小物入れ作成』の画像

 久々のレザークラフト。今回は一切糸で縫わないカードケースの作成です。この制作のキモとなるのはバネホックボタンとカシメ 。両方とも初めて付けるので練習も含めた制作ですね。基本的な工具以外に以下の工具と材料を使用しました。工具と材料・カバー用の革 160×100mm
『【レザークラフト】一切縫わないカードケース』の画像

 最近ご無沙汰のレザークラフトですが、次は小さな斜め掛けバッグでも作ろうかといつも通り日暮里のアンドレザーで革を購入しました。今回はハギレとかではなくヌメ革を使おうかと思っています。あまりいい感じの色合いのものはなかったけれど、そこは妥協しましたね。1.5mm
『【レザークラフト】次のステップへ 〜バッグ作り〜』の画像

 2016年にレザークラフトを始めてみました。最近はちょっとやれていませんが、まだまだ作りたいものがたくさんありますから今後もちょっとずつやっていくと思います。いままで作った作品・定期入れ 2個・ペンケース 2個 ・ブックカバー・工具入れ・小銭入れ ・マイク
『レザークラフト歴1年が教えるレザークラフトの始め方』の画像

 革製品は生き物ですから定期的なお手入れが必要です。今回は簡単に革のお手入れの方法を紹介したいと思います。 まずは革製品を使用した後は馬毛ブラシで優しくゴミを落としてやります。基本的には柔らかい馬毛ブラシで良いかと思います。[コロニル] Collonil コロニル 馬
『【レザークラフト】革には定期的な栄養を』の画像

 ピック入れに続いてマイクカバーを作成しました。これも袋状にしてジャンパーホックで留めた形のカバーとなっています。普段はもろにホコリを被ってしまっていたのでこれで安心ですね。制作費は150円くらいでしょうか。やはり大きな革を買って細かく使うと安く仕上がり
『【レザークラフト】マイクカバーの作成』の画像

 今回のレザークラフト作品はジャンパーホックを使った小物入れを作成することをテーマとしました。ちょうどギターで使うピックを入れるものがなかったのでそれように作成しました。余った革のハギレを袋状にしてピックを収納します。ボタンはジャンパーホックの大を使用。
『【レザークラフト】ジャンパーホックを使ったピックケース作成』の画像

 今度インドに旅行しに行く予定なのですがちょっとしたお金を入れるものを持っていなかったので、小銭入れを作成してみることにしました。何回かいろんなものを作ってきたおかげで、特に 作成手順などをみることなく作れましたんね。まぁ簡単だったのもありますけど。 ボタ
『【レザークラフト】超安価な小銭入れの作成』の画像

 仕事終わりにちょうど日暮里を通ったので、いつもどおりレザークラフトのお店を訪れました。日暮里と言えば繊維街として有名ですが、その繊維街の反対側の日暮里の西口には、ノスタルジックな下町として人気のある谷根千エリアがあります。(ちなみに革屋は繊維街の中にい
『魅力たっぷりの日暮里エリア』の画像

↑このページのトップヘ