IMGP6350

 なんとなく憧れている鎌倉の話。

憧れる理由としては…
・海や山があり自然を感じる
・歴史がある
・住民が生き生きしている
・いろいろなお店がある
・東京にも近い
 があります。
 
 新興住宅地のような場所で育った自分としては、上記のようなことはすごく魅力的で憧れる要素となっていて、そんな土地で生活したいという思いが昔からあります。
そんな鎌倉の視察がてら観光してきました。

観光記事はこちら

 実際に暮らしてみたらということを考えながら鎌倉観光を楽しんだ感想として、自分が思っているところではないのかもしれないなと感じました。
スーパーもいくつかあるし野菜の市場もあるから生活には困らそうだし、車や人が多いけれどもその分賑やかで楽しそう。
だけども、なんか自分の欲しているところではないのかなと。
上手く表現が出来ないのですがそう感じましたね。
人が多すぎる、暮らしている人の多くは東京の人(仕事が東京)ってところが要因な気もしますけど…
 鎌倉で暮らしてみるということを最近は考えていたりもしてましたが、ちょっと違ったみたいですね。
ただ、海に近いところに住んでみたいっていうのは、今回の旅で非常に強く思うきっかけにもなりました。
やっぱり一旦、東京に依存している生活から離れてみるってのを実践してみることが自分にとっていいような気もします。
いろいろな可能性を含めて、今後の人生熟考していきたいです。


仕事や暮らし方・生き方に悩んでいるかたにおすすめ
 著者は有名のプロブロガーイケダハヤト氏。
東京で苦しむ人に移住の勧めをしてくれます。
仕事が忙しく嫌でしょうがなかった時に彼のブログやこの書籍を読んで心が救われました。
こんな生き方もあっていいんだってことを教えてくれるそんな一冊となってます。

 
移住を考えの人におすすめ

 

あたらしい移住のカタチ
セソコマサユキ
マイナビ出版
2016-06-01