夏に訪れたインド旅行。
多くの日本人はかなりの確率でお腹を壊すそうですね。
私ももちろん壊しました。
おそらくカレーなどに使われているスパイスの刺激にやられたようでした。
その日はなかなか熟睡はできませんでしたね。
インド旅行では1週間で2ロールくらいトイレットペーパーが必要でしたね(笑)

 そんなインド旅で印象的だった食べ物をまとめてみました。
あまり写真はないです…


チャイ
 インドといえばチャイですね。
チャイとは要は甘いミルクティーのことで、生姜が絶妙に効いています。 
どこでも売っていてどこで飲んでもうまいです。
値段もだいたいが5ルピーほど。
入れ物も新品の土器なので衛生的です。
飲み終わった土器は地面に叩きつけて捨てます。
なのでそこらじゅうに土器が転がっていたりしてますね。
ちなみに、旅行者が利用するような値段が高めの電車の車両でもチャイのサービスがあったりします。
 正直インドへ行って一番気に入ったものかもしれません。 
それくらいチャイのクオリティは高く、すごく美味しかったですね。
IMGP5504

ラッスィー
 こちらもインドを代表する飲みものです。
ヨーグルトジュースみたいなもので、甘くて冷えていて暑い夏にはぴったしの飲みものでしたね。
これを一気飲みするのが現地流の飲み方みたいです。
あまりの美味しさに、私は毎日のように飲んでいましたね。

 一般的なラッシーの値段はちょっぴり高めの50ルピーほどだったような気がします。
デリーではあんまりラッシー屋さん見かけなかったですね。
IMGP5376

 バラナシでは人気のラッシー屋さんがいくつかありましたね。
そこではその季節のフルーツを使ったラッシーを頂くことができます。
値段は多少上がりますが(70ルピー以上かかったと思います)、贅沢なだけあってラッシーのレベルも高くて非常に美味しかったです。
いろいろなお店で飲み比べてみるのも楽しいかもしれませんね。
IMGP5760

バターチキン
 インドの食べ物といえばやはりカレーですよね。
町の食堂レベルでしたらカレーは50ルピーくらいで食べられますからね。
非常にお手頃な食事でもあります。
個人的には、カレーの中でもバターチキンが美味しかったです。 
食堂で食べた時には、 バターチキンとチャパティ(薄くて小さいナンみたいなパン)を頂きました。
ただ、食堂の料理も安くて美味しいですが、その分お腹を下す可能性も高いので要注意ですね。 
DSC_0612

 ある程度安全なカレーを食べたいなら、旅行者向けのレストランがいいと思います。
食堂よりも2倍くらいの値段ですが衛生的ですし、スパイスの強みも多少外国人向けになっていると思いますね。
味に関しては、食堂もレストランもどっち美味しかったですよ。
IMGP5799

サモサ
 アグラからデリーへ行く一番クラスの低い車両の席に座っていた時に、売りに来ていた売り子からお腹がすいていたこともあって試しに購入しました。
見た目は茶色いマフィンのような感じで美味しそうでしたが、食べてみるとパサパサした味のない食べ物でした。
かろうじてスパイスが少し効いていたので食べられましたが、正直まずかったですね。
名前は隣にいた学生から聞きいたのであっているかはわかりません。


野菜お好み焼き?
 バラナシの大学付近で購入した食べ物。
野菜炒めをクレープみたいな生地で包んだものでした。
味は お好み焼きみたいで美味しかったのですが、途中からは油っこくてくどかったですね。
IMGP5757

ドーサー
 ドーサーはパリパリのクレープみたいな生地の中にいろいろな食べ物を入れるみたいです。
私が食べたのはココナッツ入りのチョコバナナドーサーでした。
地球の歩き方でおすすめされていたお店で頂いたのですが、思ったより美味しくなかったかな。
ドーサーが油っこくてあまり好みではなかったです。
個人的にはスイーツとして食べるより、ご飯としてしょっぱいものをいれて食べたほうが良さそうかなと思いますね。 
IMGP5761

家庭のお昼ご飯 
 バラナシの初日に泊まったフレンズゲストハウスで頂いたお昼ご飯。
味付けは薄めというかあまりしなかったかな。
スープはうっすらスパイス系(カレー系)の味でこれをメインでご飯を食べました。
名前はよくわかりませんが、お芋やせんべいみたいなものが美味しかったです。
特別に美味しかったわけではなかったのですが、インドでは味の濃いものばかりでしたので、優しい味のする家庭料理は体に染みましたね。 
IMGP5669
 

 インドで一番印象に残っている食べ物・飲み物はやはりチャイですかね。
どこでも安く気軽に飲めてなおかつどこでも美味しい。
チャイにはまっちゃいそうです。
 心残りがあるとすると、今回の旅ではタンドリーチキンを食べられなかったのが少し悔しかったですね。
もし次回行くこ場合はぜひリベンジしたいですね。