当ブログのテーマである今後の生き方・暮らし方を考えるということですが、最近はそのような事柄に関する書籍を読むようにしています。
様々な人の生き方や考え方を知れば、視野が広がりますからね。
 最近読んだ本で改めて考えさせられたことを自分への確認がてら書いていこうと思います。

自由な人生のために20代でやっておくべきこと[キャリア編] (幻冬舎文庫)
本田 直之
幻冬舎
2012-03-07






 この本の著者である本田氏はハワイと日本の2拠点生活をされている方で、こうした新たな暮らし方に関する書籍を多く出版されています。
他には脱東京という東京から離れた方々を取り上げた本を読みましたね。
 この「自由な人生のために20代でやっておくべきこと[キャリア編]」では、現代の若者へ向けたこれからの働き方について書かれています。
その中で個人的に書き留めておきたい事柄を箇条書きで記したいと思います。

・会社に依存する時代は終わった
・会社内のキャリアを維持しつつ個人の他のスキルを身に付けとくこそ危機管理に繋がる
・デュアルライフは与える影響が大きい
・個の力を高めないと現状維持すら不可能
・会社からの収入=自分の能力ではない
・旬な複数のバーチャル上司(尊敬できる人)を持つ
・他人コントロールからセルフコントロールへ
・自分の実態価値を高める(インプット)
・起業をゴールとしてはいけない
・本業か副業の発想はやめる

 自分の考えと同様のものもあれば、新たに気づかされる事柄も多くありました。
一貫して著者が言いたいことは、今まで安泰であった働き方は通用しなくなった。今後は、個で様々な能力を付け、自分の価値を高めていく必要があることだと思います。
他の方々も言うように、自分への投資にお金をかけることは大事なのでしょう。 
いろいろ経験・勉強して、自分の価値を高めていかなければなと改めて感じさせられました。


仕事や暮らし方・生き方に悩んでいるかたにおすすめ

 著者は有名のプロブロガーイケダハヤト氏。
東京で苦しむ人に移住の勧めをしてくれます。
仕事が忙しく嫌でしょうがなかった時に彼のブログやこの書籍を読んで心が救われました。
こんな生き方もあっていいんだってことを教えてくれるそんな一冊となってます。

 
移住を考えの人におすすめ

 

あたらしい移住のカタチ
セソコマサユキ
マイナビ出版
2016-06-01