スケジュール
9/3(土)夕方成田発→上海トランジット→デリー
9/4(日)早朝デリー着→デリー観光
9/5(月)デリー→アグラー→デリー
9/6(火)デリー→夜バラナシへ夜行列車
9/7(水)バラナシ
9/8(木)バラナシ
9/9(金)バラナシ
9/10(土)バラナシ→午後デリーへ飛行機
9/11 (日)デリー→上海→羽田 

 インド3日目この日はデリーの気になる上流層のエリアを回ったあとバラナシへ向かいました。

コンノート・プレイス

 この日は朝ゆっくり過ごしてからニューデリーの中心部であるコンノート・プレイスへ向かいました。
メインバザール終わりにあるメトロの駅から1駅で着いてしまいます。
値段はたしか8ルピーほどだったかな。
ニューデリー駅から歩いて行ける距離でもあります。
このコンノート・プレイスはニューデリーのへそとして栄えているエリアで、ショッピングや飲食店などが多く並んでいて、周辺には綺麗なホテルも多いため観光客も多くいます。
そのこともあって詐欺師も多いエリアでもあるみたいですね。
 コンノート・プレイスの最寄駅RAJI CHOWKは2つのメトロの線が通っているためかかなり人が行き交う駅でした。
IMGP5590
円形になっているコンノート・プレイスの中心に駅がある

 ここの駅は高くて広く、日本のメトロではあまり見られない鉄道の上に鉄橋が通っており、天井が駅全体を覆っているような構造になっていましたね。
ヨーロッパではこうした構造が度々見られるのですが、やはりこういう駅全体を覆う構造はなんだか魅力があります。
どうしてもこうした仕事をしている関係で、鉄道構造物に関しては気になってよく見ちゃいますね。 
駅のこうした構造が好きな方は世界で一番美しい駅舎という本を見るのが好きだと思いますよ。
 
IMGP5591
日本では見られないメトロの作り

 メトロの駅を出るとそこには円形に商店が広がっていました。
一周したのですが思っていたよりも大きくて30分くらいかかったと思います。 
最初にインドの民芸品を取り扱っている商店街ゾーンへ向かいました。
サリーなどの衣類、スカーフや絨毯などの布類、置物などなど様々な高級な民芸品店がありましたね。
どこもクーラー効いてて店員もしっかりしている高級店でした。
ここでちょっとした民芸品を購入しました。
インド価格では割と高かったのですが、日本円で考えるとそこまででもないと思います。
ちゃんとしたお土産を探しているならここがぴったりかと思いますよ。 
ちなみに地球の歩き方にも載っています。 
IMGP5491
円形状に商店が広がっている

 続いては、あのビートルズが訪れたというコンノート・プレイス内の楽器屋へ。
楽器屋はRIKHI RAMというお店でかなりの老舗みたいでした。
開店直後に入ったので店員はずっと掃除していました。
店内にはビートルズが訪れたときの写真が飾られており、結構感動しちゃいました。
楽器自体はあまり飾っていなかったのでよくわかりませんでしたが、それなりの質の楽器が豊富にありそうな感じでしたね。
しっかりとした楽器が欲しい場合は、このお店だと見つかるかもしれません。
IMGP5595
ビートルズが訪れた楽器屋

 その後はコンノート・プレイスを見て回りました。
ナイキやスタバ、リーバイスなど世界的に有名な企業が多く並んでいましたね。
しかし、思っていたよりも 乞食や野良犬が多かったです。
途中、多くの人だかりを発見。
どうやらジュースに並んでいるらしかったです。
興味が沸いたので自分も購入してみることに。
注文したのはいちごミルク。
大きな瓶に入ったこのジュースはチューペット的な昭和の味がしましたね。
私は一人では飲みきれなかったのですが、現地人はこれを一気に飲んでいました。
若いインド人の女性も飲み干してました。 
ここの国のひとは基本的に一気に 飲み干してしまうようです。
IMGP5599
人気のいちごミルク

 少し疲れたのでここでスタバで小休止。
スタバはどこの国でも同じクオリティで安心します。
くつろいでいると川崎で働いているインド人に話しかけられたので、おすすめを聞いたらやはりカーンマーケットが無難だよって言われ、次はそこへ向かうことにしました。
あまりにくつろいでしまったせいで日本にいるかのように錯覚を受けてましたが、外へでるとすぐに現実へ戻ってしまいました。 

カーン・マーケット
 続いてはインドの銀座と呼ばれるカーン・マーケットへ向かいました。 
コンノート・プレイスからは一回メトロを乗り継いで行くことができます。
カーン・マーケットへ着くと周りはインド人のなかでは所得の高そうな人ばかりでした。
ここのエリアも商店街のようになっていて、様々な商店が並んでいましたね。
コンビニや電気屋に入ると外国のものばかりで、今まで培ったインドの物価感では到底買えないものばかりが売られていました。
さすがにインドの銀座と言われるだけあります。
民族衣装や民芸品、化粧品などのお店も多々ありましたが、正直思っていたより面白いところではなかったですね。
お買い物目当ての人にはいいかもしれませんが、そうでない人にはあまりおすすめできませんね。
結局、周辺を一周して少しお土産を購入してこのエリアから出ることにしました。 
IMGP5609
インドの銀座

ハウス・カーズ・ビレッジ
 続いては、最近おしゃれなお店が多く集まっていると言われているハウス・カーズ・ビレッジへ行きました。
コンノート・プレイスからは一本で行けますが、結構遠かったです。
最寄りの駅からハウス・カーズ・ビレッジまではオートリクシャーで向かいました。
道中は閑静な住宅街が広がっていましたね。
 ハウス・カーズ・ビレッジまでは10分程度で着いたと思います。
エリアはそこまで大きくない感じでしたが、様々なお店が狭い路地に沢山密集してました。
カフェやバー、雑貨屋、洋服屋などなど。
インドにいることを忘れてしまいそうなお店ばかり。
しかし、思ったよりかは人が少なかったですね。
IMGP5618
ハウス・カーズ・ビレッジ

 ハウス・カーズ・ビレッジ内には、大きな遺跡がありそこには遊歩道が整備された貯水池やゆったりできる芝生があって公園として多くの若者がくつろいでいました。
ここの遺跡はかなり綺麗にされていてすごく素敵なところでしたね。 
IMGP5632
ハウス・カーズ・ビレッジ内の遺跡

 遺跡は子供の遊びばとして利用されていましたね。
子供たちからは写真撮ってと要求されたので一枚撮りました。
インド人はほんと純粋な人が多い気がします。
結局、入口のところしか見ませんでしたがかなり大きな遺跡のようでしたので、一日のんびり過ごすのにはいいかもしれませんね。 
 
IMGP5630
遺跡で遊ぶ子供たち

 この日はちょっと早いですが夕食を遺跡の隣にあるレストランで頂くことに。
ここではインドで初の洋食を注文しました。
ハンバーガーにビールがついたセットで400ルピーもしなかったと思います。
味は日本で食べるレストランと同じで美味しくいただけました。
友人のパスタも非常に美味しかったです。
内装が綺麗かつ洒落た感じで、WIFIもあるので終始インドにいることを忘れてしまいそうになってましたね。 
インド国内では高いレストランですが、日本円で考えるとむしろ安いことに驚きです。
物価の安い国では日本と同じくらいの金額を使用するとかなり快適な生活ができるのだなと改めて感じましたね。 
IMGP5644
久しぶりのハンバーガー

寝台列車でバラナシへ
 ハウス・カーズ・ビレッジからいったんニューデリーへ戻り、寝台列車までの時間を潰しました。
この日まち歩きをする前、日本人宿サンタナに預けておいたバックパック類を取りに行くついでにシャワーも浴びさせてもらいました。
前日に買ったシタールはこのサンタナの人と交渉し 、数日間預かってもらえることに。
サンタナのお兄さん本当にいい人でした。
列車は夜7時くらい発でしたが、何時に列車が到着するのかわからなかったので早めにニューデリー駅へ。
ニューデリー駅へ着くともうすでに列車は来ていました。
事前に確認していた席の番号の車両へ向かい、扉の前にいたスタッフにチケットを見せるとすんなり乗車出来ました。
 案内された席はなんと2人用のシート。
てっきり4人部屋だと思っていたのでラッキーでした。
車内は思っているよりかすごく快適な環境でしたね。
部屋も広いしベッドも十分な広さだし、シーツも割と綺麗。
ただ、 インドでありがちな空調が一定で常にエアコンが効いている現象が。
毛布もあったので一応は何とかなりましたね。
部屋には時折チャイのサービス(有料)があったので、何杯かいただきました。
チャイはどこで飲んでも美味しいです。
夕食はいるかと尋ねられましたが、もう頂いていたので断りました。
 列車はほぼ定刻通り出発。
 窓はあったにはあったけれどほぼ真っ暗で何も見えなかったのは残念でした。
あまりに快適だったせいか友人と会話が弾んで結構遅くまで起きてしまいましたが、12時過ぎには就寝体制に入ったと思います。
起きたらバラナシ。
期待に夢膨らませつつベッドを作り眠りました。 
IMGP5655
 席は2人で2段ベッド
 
インド旅の必需品






ここまで地球の歩き方が役に立ったことがありません。
インド旅に限っては必ず持っていったほがいいですね。 


洗濯や体洗うのに大活躍しました。
インドのシャワーは基本的に固定なので桶があると大変便利です。