台湾旅行記のグルメ編として、個人的に食べて美味しかったおすすめの台湾グルメを紹介したいと思います。


小籠包

 まず、台湾と言ったら小龍包でしょう。

小龍包と生姜、タレをレンゲの上に乗せて、一気に口の中へ。

中にある汁をこぼさないように食べるのがポイントです。

出店で食べる小龍包も安くて美味しいですが、やはり食べるならちゃんとした中華屋さんに行きましょう。

味が全然違いますよ。

 おすすめのお店は、林森北路周辺にある京鼎樓という小籠包が売りのお店です。

こちらのお店は、普通の小龍包も美味しいですが、烏龍小龍包がおすすめです。

台湾を訪れたら必ず小龍包を食べましょう。

s_IMGP4203.jpg

京鼎樓の烏龍小龍包



胡椒餅(ホーチョウピャー、フージャオピン)

 こちらは胡椒を効かせた豚肉とネギを皮で包んで焼いた食べ物です。

夜市には欠かせない食べ物みたいですが、日中も出店で売っています。

想像通りの味で、とても美味しいです。

食べ歩きには最適な食べ物ですが、けっこう重たいのでご注意を。

s_IMGP4191.jpg

食べ歩きには胡椒餅



林葱抓餅

 台湾風のピザっていう売り文句で売っていました。

中にはスパイシーソース(チリソース?)とバジル、トッピングでチーズが入っています。 

ふわふわでもちもちした食感でピザ生地とは違いますが、めっちゃ美味しいです。

台湾の若い子達にも人気な様子で、結構みんな並んでました。

こちらの胡椒餅は、士林駅前広場で買うことができます。

s_IMGP4072.jpg

胡椒餅



東坡肉

 要は豚の角煮です。

私が食べたのはトロトロの角煮でしたね。

日本の角煮との違いは、他の料理にも言えることですが八角の香りがすることぐらいです。


角煮はいつ食べても美味しいです。
s_IMGP4210.jpg
 とろとろな豚の角煮


 出店で手軽に食べれる角煮料理として丼ものもあります。

豚角煮と煮卵、漬物が乗った一品でした。

男飯といったところでしょうか。

安くてお腹にたまる食べ物です。

 こちらの角煮は安い分、とろとろという感じではなくて肉って感じです。

個人的には、こちらの角煮が好みでした。

私は九分の商店街の中にあったお店で購入しました。

s_IMGP4113.jpg

豚の角煮丼



タピオカ入りミルクティー

 みんな大好きタピオカミルクティーです。

台湾の若い子には大人気で、そこらじゅうにいろんなお店があります。

 中でもお気に入りのお店が、50嵐というお店です。

ティーが売りのお店で、タピオカミルクティーが一番人気ですね。

そもそも、ティーが美味しいので他の飲み物も美味しかったです。

この50嵐ですが、大体どこのエリアにもあるので喉が渇いた時に便利です。

s_IMGP4068.jpg

50嵐のタピオカミルクティー


烏龍茶 

 台湾のお土産で人気なのがお茶ですね。 

いろいろなお茶のお店があると思いますので、ぜひよってみてください。

試飲をさせてもらえるお店がほとんどだと思います。

私が訪れた峰圃茶荘では、いろいろ試飲させてもらえました。

詳しくは以前旅行記で書いています。

 私が購入したのは、緑茶みたいな烏龍茶でした。

400元とまぁまぁな値段でしたが、かなり美味しい烏龍茶でした。

峰圃茶荘に訪れた際は、ぜひ試飲してみてください。

20160503030016540.jpg

おいしい烏龍茶とまいたけチップス



番外編

 番外編として、台北駅にあった日本のお店を紹介します。

まずは、ビアードパパの作りたて工房。

ご存知だと思いますが、おいしいシュークリーム屋さんです。

台北駅の1階と2階に店舗がありました。

食べてはいませんが、私の大好きなお店なので見つけた瞬間、テンション上がりました(笑)。

s_IMGP3890.jpg

台北駅にあったビアードパパ



 続いては、天丼屋の金子半之助です。

以前、日本橋の美味しいグルメの一つとして紹介してますが、まさか台北にも進出していたとは。

こちらの店舗も大人気で、行列ができていましたね。

s_IMGP3892.jpg

台北でも大人気の金子半之助


 以上、台湾グルメの紹介でした。

台湾のご飯全般に言えることですが、八角の味が必ずするので、苦手な人は台湾料理自体がダメかもしれませんね。

八角が大丈夫であれば、台湾の旅もグルメが中心になることが間違いないですね。

 ただし、中華なので油っぽくてずっと食べるのはきついなと個人的には感じました。

油っぽいものを食べ過ぎないように食べ方を考えましょう。



旅のお供はやはり地球の歩き方ですよね。
今回も大活躍でした。

今発売しているCREAは台湾特集。
こういった雑誌で情報を手にしてから行くのもおすすめです。