GW後半に瀬戸内海周辺を旅行してきました。
なので、それぞれ訪れた地域を旅行記をつけるがてら紹介していこうと思います。

 まず、第一弾として坂のある綺麗な港町「尾道」です。

 尾道は、広島県の南東部にあるまち港町です。
戦前は、広島市に匹敵するくらいの経済力を持っていたみたいで、様々な企業の本店があったり、造船業も盛んだったみたいです。
尾道といえば、「坂の街」、「文学の街」、「映画の街」と言われていて、志賀直哉が居を構えていたり、時をかける少女の舞台となったりしています。
 近年では、サイクリストの聖地となっているしまなみ海道の玄関として、古くなった民家をリノベーションするのが盛んなことなどで有名となっています。

尾道駅前
 広島県の第二のまち福山駅より山陽本線で20分ほどで尾道駅に到着します。
駅の中には小さいですが、観光案内場もあります。
案内場に置いてあるマップには寺院がメインで表示されているので、正直まちを知るには少し物足りない内容となっています。
駅を出て右手の方にはコインロッカーも多数完備されていて、その隣にはサイクリスト用の自転車組立場もあり、尾道を訪れる人のニーズにしっかり応えています。
s_IMGP4349.jpg 
JR尾道駅

 駅前のロータリーの前には、すぐそこには瀬戸内海です。
ちなみに瀬戸内海を挟んだ向こうに見える陸地は向島となっています。
向島には写真にある船着場から行くことができます。
s_IMGP4426.jpg
目の前には瀬戸内海と向島
 
千光寺山 
 踏切を横切り瀬戸内海の反対にあるのが坂の街の所以となっている千光寺山があります。
ロープウエイでも登ることができますが、大した高さではないので観光に来たからには歩いて登るのが良いですね。
踏切を横切るとすぐに階段と坂が見えてきます。
s_IMGP4356.jpg 
坂には多くの民家
 
 途中には小学校があったり、多くの民家があったりと生活感満載です。
ある程度登っていくと綺麗な景色を一望できます。
この日は天気がすごくよかったのですごく綺麗でした。
s_IMGP4370.jpg
登山途中の景色

 山頂まで行くと尾道のまちを一望できる展望台やお土産があります。
また、山頂は千光寺公園となっていて、千光寺はもちろんのこと美術館などもあります。
s_IMGP4373.jpg
展望台前のお土産屋

 綺麗な景色がどこからも見えるので写真スポットはたくさんありますが、よく観光雑誌とかでみる写真スポットはこの鼓岩の上。
うまく写真を撮ると迫力満点の写真を取れるみたいですが、なかなかうまくいきませんでした。
ちなみに、この岩は小石で打つとポンポンとなる岩みたいです。
s_IMGP4377.jpg
絶景写真スポット

 坂には猫の道や文学の道など名称がついていて、坂ごとにキャラクターが違っています。
千光寺近くには、古民家をリノベーションしたであろうカフェ兼民宿があります。
この日はゴールデンウィークとあって満室となっていましたが、景色が最高なところにあって民宿なので値段も安いから尾道に泊まる際はいいかもしれませんね。
s_IMGP4381.jpg
カフェ兼民宿

 もう一つの写真スポットはこちらです。
尾道の特徴であるしまなみ海道、瀬戸内海、町並み、鉄道、ロープウエイ、寺院を一度に収めることが可能となっています。
ホント綺麗ですよね。
s_IMGP4386.jpg
尾道の魅力を表した写真

 坂を下っていくと、周りは民家だらけです。
空家みたいなのが全くなくて皆さん住んでいる様子でした。
屋根瓦の立派な家々ばかりで下っていくのもまた楽しいですね。
s_IMGP4393.jpg
坂には多くの民家

 下り終わると本来の入口?であるロープウエイ乗り場があります。
この時はめっちゃ混んでいたので、こちらから登ろうとしなくてよかったと思いましたね。
きっとこのロープウエイからの景色も最高だと思うので、次回来た時に乗りたいと思います。
s_IMGP4395.jpg
休日にはロープウエイ行列

尾道ラーメン
 尾道グルメを紹介します。
尾道といえば、この尾道ラーメンですよね。
初めて食べましたが、正直普通のネギと脂多めの醤油ラーメンかなと思いました。
そこまで美味しいとはなりませんが、素朴でシンプルな味となっています。
ちなみに、商店街周辺にはたくさんの尾道ラーメンのお店がありますが、人気店はかなり並ぶみたいなので、ご注意を。
                      s_IMGP4405.jpg
素朴でシンプルな尾道ラーメン


商店街
 商店街は結構大きくて、シャッターが下りているお店も多々ありましたが、観光用に整備されていて活気のある商店街でした。
古民家をリノベーションされたお店がやはり多くて、カフェやパン屋など若い人も楽しめる感じでもあり、古くから続いている和菓子のような老舗もあって、とても素敵な商店街となっています。
                       s_IMGP4413.jpg
店先にはお父さん用のベンチも完備

 海辺にはデッキが整備されているので黄昏るのに最適ですね。
s_IMGP4427.jpg
海辺にはデッキ

 今回尾道を訪れてみて、綺麗で素敵なところだなと感じました。
また、評判通りの綺麗なまちという印象で正直驚きましたね。
そこまで大きなまちではないので観光地って感じではありませんが、普通の観光地と違って生活感を感じることができました。
一応尾道を訪れた理由としては、移住人が多いので移住地の候補として気になっていたからでしたので、そういった生活感を感じれたのでいろいろ勉強になりました。
生活するという点では、駅の裏側にはイオンがあり、商店街も大きいので住みやすそうだなと感じましたね。
また、観光するにあたり、ふらっと泊まれる宿泊地を探したりしましたがあまりないようでした。
カプセルホテルや満喫みたいな簡単に寝泊りできるようなところではないので、民宿やairbnbを利用した民泊が今後増えていく地域なのかもしれません。


 普通に観光するだけだったら半日で足りてしまうところですが、とても綺麗で魅力のあるまちなので。みなさんも訪れてはいかがでしょうか。
次回尾道を訪れるときは、しまなみ海道にまで足を伸ばしたいです。 

尾道の旅行ガイドはこちらへ 

 今回瀬戸内海周辺の街を観光するにあたり、様々な情報得るためにココミルを参考にしました。
女性用なので男性には興味ある内容が少なめでしたが、ちょうど今回訪れた尾道、倉敷、岡山、児島、小豆島の情報を網羅しているので、ここら辺を回る場合には最適でした。
ここら辺をすべて一度に網羅している観光本はあまりないので、もし私のような回り方をする人には良いと思いますよ。