今回はおじいちゃんが頑張るちょっとまったりとした映画を紹介します。

 絶縁して10年ほど会っていない兄弟が倒れたと聞き、目があまりよくないから車での移動が出来ないため時速8kmのトラクターで何週間もかけて会いに旅する物語です。
 途中いくつもの困難がありますが、最後までトラクターで行くという信念には驚かされます。
物語はまったりと進んでいきますのでそういった雰囲気の映画好きな方にはおすすめです。
 


 100歳の誕生日に老人ホームから抜け出し、宛のない旅へでかけます。 
途中立ち寄ったバス停でひょんなことから大金の入ったギャングのスーツケースを手に入れてしまい、警察やギャングから追われるようになります。
マイペースな主人公と旅の道中で出会った仲間たちと逃亡するサクセスストーリーです。
 スウェーデンの映画なのですが、本国ではあのアナと雪の女王よりもヒットした人気作です。
時折、主人公の過去に戻ったりして主人公の意外な過去を知るようになります。
マイペースで生きてきても偶然すべていい方向へ進んでしまう主人公に憧れてしまします。
おじいちゃん映画特有のまったりさもあり笑いもありでとても面白い映画です。
 


 人里離れた小さな村に先祖代々続いている羊の世話をしている兄弟が主人公です。
彼らは40年以来一言も会話をしていません。
コミニュケーションツールとしてペットの犬に手紙をくわえさせるほどの関係でした。
あるとき、村で羊の伝染病が見つかり、村中の羊を殺処分しなければならなくなりましたが、先祖から引き継いだ羊を守るため兄弟が力を合わせることになりました。
羊を守る為に二人がとった行動の最後は…
 アイスランドの映画で広大な白い大地の美しい風景が広がっていてます。
羊を通して兄弟が次第に仲直りしていく様子を描いて、いくつになっても兄弟は兄弟なんだと感じました。
兄弟の素晴らしさを再確認できる映画となっています。



 気になったおじいちゃん映画はありましたでしょうか?
共通して言えることが主人公がマイペースで自分の信念を持っているおじいちゃんであるということです。
長く生きて形成されたその信念がその人の味になるのでしょう。
自分も強い信念を持った魅力のあるおじいちゃんになりたいですね。