(2016.11.15の記事更新)
 私が愛用しているギターとウクレレの中間的なギターであるギタレレ。
もう購入してから2年くらい経ちますが、購入して以来家にあるどのギターよりも弾いています。
そんなギタレレについて詳しく紹介しようと思います。


ギタレレとは?

 まずギタレレというのは、ヤマハからでているGL1というミニギターのことを言います。 
ギタレレのイメージとしては、クラッシックギターをウクレレサイズにしたもので、それゆえ使用する弦は基本的にクラッシックギター用の弦です。  
弦のつけ方はほぼクラッシクギターと同様になります。 

20140626_190456_Android_convert_20160408000207.jpg

 なんといってもその魅力は小ささですかね。
このキュートな見た目と手頃さからキャンプや旅などにもよく持って行ってます。
そして、値段もリーズナブルなのも魅力ですね。
私が購入したときは、1万近くしたと思うのですが、今では9000円切ってます。
メーカーもあのヤマハですからね。
これからギターを始める人や家に手軽なギターが欲しいってかたには非常におすすめできます。

ギターとの違い
 そんなギタレレですが、注意する点もあります。
通常のギターと違い、レギュラーチューニングが通常のギターよりも2音半上げつまり、5カポの状態となっています。
無理にレギュラーチューニングにすると弾けなくもないですが、もともと通常よりも2音半上げの状態でちょうど良い弦のテンションであるので、けっこうテンションが緩くなってしまいます。  

 そこで、ギタレレをレギュラーチューニングで弾きたいとういう方におすすめなのが、子供用ギターで使用されるぺぺ弦を使用することです。
子供用ギターであるぺぺギターもギタレレと同じように小柄なボディではありますが、こちらはもともとレギュラーチューニングで使用することを前提に作ってあると思うので、ペペ弦もそれに対応したものいなっています。
ペペ弦をギタレレに使用すると、テンションの緩さは若干感じますが、十分レギュラーチューニングでも使用できるようになります。  
ちなみに、私もペペ弦を主に使用していました。

 他にも、SAVAREZのコラムアリアンス500-AJというクラシックギター弦もギタレレをレギュラーチューニングで使用する際よく使われています。
こちらは、もともとハイテンションであるのでギタレレで使用するとテンションが強く(音が大きい)て非常に良い弦ですね。



どっちの弦がおすすめ? ~弦の比較~
 私は基本的にはぺぺ弦を使用しているのですが、気になったので二つの弦を弾き比べしてみました。
多少のEQの設定は違いますが、リバーヴやコンプ等の条件は同じようにしてあります。
曲は自作の曲です。(原曲:Summer Vacation
※リンクを押すと曲が流れます。 

ぺぺ弦使用の音源
SAVAREZコラムアリアンス500-AJ使用の音源

 弾き比べてみての感想ですが、SAVAREZの弦の方がテンションが高く、音が良くなりましたね。
ぺぺ弦はテンションが低いこともあってこもった音。(EQでローカットしてます)
入手しやすさや値段的にはペペ弦の方が若干優位かと思いますが、そこまで大差ない気もします。
私の場合レギュラーチューニングよりも低いチューニングをメインで使っていることもあって、SAVAREZの弦の方がしっかり鳴ってくれるので良いかなと思いますね。
 私個人の意見としては、レギュラーチューニングならSAVAREZの弦、レギュラーより高いチューニングを使用したいならペペ弦といったところでしょうか。
価格も大したことはないので、一番は自分で弾き比べをすることでしょうね。

ライブで使用するには…
 ちなみにギタレレ自体音が普通のギターと比べ小さいです。(レギュラーチューニングにするとさらに小さくなります)
ライブに使用したい場合は、ソロでない限りピックアップ搭載しないとけっこう厳しいと思いますね。
実際にライブで2回ほど使用したことがありますが、収音がけっこう難しくいろいろと工夫が必要だと感じました。 また、ボディはウクレレをベースとしているので、ストラップを付けるピンがありませんので、付けたい場合は別途つける必要があります。
私が立って弾く場合は弾きづらいですが、腕だけで持つウクレレスタイルで弾いています。  

最後に…
 参考までにギタレレを使用したオリジナルの曲を紹介します。
下記のリンクにあるnoteで公開しているのでよかったらどうぞ。
リンク先の曲以外の曲にもよくギタレレは登場しています。
note 自作の音楽を公開しています(曲のほとんどはペペ弦使用)