社会人になってからは新しいことを始めてみるように心がけています。
その理由としては、思考停止人間にならないように常に新しい刺激をえるため。
何より知らない世界を新たに知るということは楽しいことですからね。

 会社という組織に属してわかるようになったことは、思考停止しているようなおっさんたちが多いこと。
というよりも学ぶことを放棄している、新しチャレンジをしない人が多い。
要は誰もが学生のときに思うつまらないおっさんたちのことですね。
怖いのがそういった環境に身を置くようになると、自分もだんだんそういったつまらない人間に近づいているように感じています。
ですので、常に新しいことを何か始めてみることを心がけています。
ここ2年間では、キャンプや登山、レザークラフト、note、ブログ、海外旅行などなど。
社会人3年目となる今年はまず電子書籍に手を出すことから始めています。
新しいことという意味ではたいしたことではないですが、紙の本だと自分の場合買ってもあまり読まなくて、試しに電子書籍で文庫本を読んでみたら意外といけたので、これからは電子書籍で本を読むようにしたいと思っています。
これなら今まで億劫と感じていた読書も捗りそうな気がしてます。
現代っ子にはスマホとかで電子媒体の活字で読むのがあっているのかもしれませんね。
読書をあまりしない方で、読書を習慣付けたい方は一度電子書籍を試してみるといいですよ。
 
 話がそれましたが、今年も新しいことにチャレンジしていきたいですね。
そういった行動が今後の人生に大きく影響してきそうですしね。
ちなみに最初に書いたような考えは、ホリエモンの君がオヤジになる前にを読むと同じようなことをわかりやすく書いてありました。
若い人はぜひ読んでおいたほうがいい本だと思いますのでおすすめしておきますよ。


仕事や暮らし方・生き方に悩んでいるかたにおすすめ

 著者は有名のプロブロガーイケダハヤト氏。
東京で苦しむ人に移住の勧めをしてくれます。
仕事が忙しく嫌でしょうがなかった時に彼のブログやこの書籍を読んで心が救われました。
こんな生き方もあっていいんだってことを教えてくれるそんな一冊となってます。

 
移住を考えの人におすすめ

 

あたらしい移住のカタチ
セソコマサユキ
マイナビ出版
2016-06-01