最近のマンネリ生活や生き方・暮らし方を改善するためにまずプチ移住を考えています。
その移住地候補が鎌倉。
去年は2回ほど訪れていてその時の記事もまとめています。
IMGP6350

初夏の鎌倉・江ノ島散歩
冬の鎌倉観光も悪くない その1 
 
冬の鎌倉観光も悪くない その2

何回か訪れて移住地としての候補になってた理由としては…
・海や山があり自然を感じる
・歴史がある
・住民が生き生きしている
・いろいろなお店がある
・東京にも近い
とういことが挙げられます。
以前の記事では鎌倉移住はちょっと微妙かなとか考えていましたが、今の仕事を継続できる場所だと鎌倉がやはり自分の中ではちょうどよいという結論となってきました。
とりあえず住んでみて今後はいろいろ考えていこうという作戦です。

鎌倉大仏
 まず鎌倉移住に際して、いろいろと参考になりそうなことを調べてみました。
「市長!鎌倉ってどんな町ですか?」 
移住するなら鎌倉?逗子? 両市市長が横浜で対談 
古都・鎌倉に若手起業家が続々移住するワケ 
 基本的には市長さんのお話からですが、どうやら鎌倉は高齢化がすごいみたいです。
それに反して子育て世代の転入者も多いようですね。
注目する点はあまり自分のような20代中頃の若者が少ないこと。
鎌倉も若い子は別の地域に出て行ってしまうようです。
まぁ自分も数年すれば子育て世代に入るくらいの年齢なので、将来を考えるとそういった世代が多いことは強みになるかなとは思いますね。

鎌倉文学館+バラ
 続いては、古都であるが故に市として開発等の新たに整備するのが難しいこと。
そういった点が慢性的な交通渋滞の緩和を難しくしているようです。
また、地価が高いことにも繋がってそうですね。
 しかし、市長さんは若い上にそれらの問題解決に向けいろいろとされているようで、すごく期待が持てると考えられます。
やはり若者からすると比較的若い政治家さんには期待しちゃいますからね。  

 いろいろと問題はあるものの不安よりも生活が豊かになりそうという期待の方が大きいですね。
そもそも問題のないような地域はありませんからあまり考えすぎない方が良いのかもしれません。
移住するなら暖かくなってからなので、それまでしっかりと熟考したいと思います。