インドを旅したら人生が変わった

インドを旅した結果、インドと日本の往復生活に… 趣味の音楽や旅行、まち歩き、レザークラフト、キャンプについても綴ります。

インドを旅したら人生が変わった イメージ画像

更新情報

 グルガオンにはカメラ博物館なるものがあると聞きつけ、休日に訪れてみました。場所はサンチャティーがあるHamilton Courtの裏を少し歩いたところにあります。 最近できた施設なのか、外観は綺麗で建物周りは工事中でした。。入場料はたしか300Rsほどです。受付ではどこで
『【インド】グルガオンのカメラ博物館』の画像

 予定より早く集合場所へ呼び寄せられた。4、5人程度と一緒にいくのかと思っていたら、10人ほどのメンバーようだった。なんだか悪い予感がしたが予想はあたり、通常のオートリキシャより少し大きめのリキシャに10人+運転手1人という構図。初めてリキシャ後方の予備席に座る
『【インド旅行】シク教の街アムリトサルの旅 旅行記③』の画像

 朝の黄金寺院散策が終わった段階で、まだ8:30であった。黄金寺院の地下にあるミュージアム的なところは、9時からのようだったので、先にジャリアンワーラ・バックへ向かった。ここは過去に大量虐殺があった悲しい過去をもった場所だそうで、アムリトサルの歴史を語る上で欠
『【インド旅行】シク教の街アムリトサルの旅 旅行記②』の画像

 久しぶりとなったインド国内一人旅は、過去の経験から日帰り旅行でちょうど良い箇所を探し、今回はアムリトサルとしました。アムリトサルは、パキスタンに程近い100万人規模の都市で、ターバンで知られているシク教の宗都だそう。よって、インドでは珍しくヒンドゥー教より
『【インド旅行】シク教の街アムリトサルの旅 旅行記①』の画像

 デリーではー毎年恒例というInternational Bazaarに行ってみました。その名の通り、何十か国もの国がお店を出店したり、各国のステージパフォーマンスがあったりと、普段のインド生活とはかけ離れた非日常空間でした。沢山の国の食べ物が売られているのに、アジア料理ばか
『【インド】デリーの国際マーケット』の画像

 長いこと構想を練っていたアウトドアベスト。買ってから1,2年間ほど放置していたシュリンクレザーがあったので作成してみました。2000円程度の革を使用するため、ポケットと背中のパーツのみ革を使用するようにしています。完成形のイメージはフィルソンのハンティングベス
『【レザークラフト】キャンプ用のアウトドアベスト』の画像

 今回はティッシュカバー作りです。一度作成したことはありますが、リビング用です。ティッシュボックスは種類によって高さが違うので、よく使用する大きさに合わせて作っています。材料・革_本体(ティッシュボックスに合わせた大きさ)  _留める用 175×50mm・スナップ
『【レザークラフト】落ち着いた雰囲気のテッシュカバー』の画像

 ソロキャンプで活躍予定のちびパンを購入したので、持ち手を作成します。市販でもレザーやシリコン製の持ち手も売られていますが、意外とお値段張りますからね。材料・革端切れ 80mm×36mm 2枚完成品 縫い方をサイドからクロスさせて縫ってみました。意外と悪くないのか
『【キャンプ】ちびパン持ち手作成』の画像

 学生時代に古着で購入して数年着ていたけれど、最近は着ることもなくなってクローゼットに眠っていたバブアーのジャケット。久しぶりに取り出して、キャンプのジャケットととして利用できないかと思い修復を決意しました。元々ハンティングジャケットだし、キャンプで着た
『【キャンプ】バブアーのジャケットを修復』の画像

 チャンディーガル旅行記二日目。建築博物館や美術館等々の施設類は10時からオープンとのことだったので、少し早めに出てローズガーデン周辺の散策から始める。 園内は無料で綺麗ではあったけども、多く植えられているバラが少し寂しい感じに思えた。力を入れて整備されて
『【インド】コルビュジエの街「チャンディーガル」旅行記②』の画像

↑このページのトップヘ